記事詳細

貴乃花一門に刺客 八角理事長勢力の二所ノ関一門が元大乃国らを擁立「うちは波風一切ない」 (1/2ページ)

 2月2日投開票の日本相撲協会理事選へ向け、地盤固めを進めている貴乃花一門に対し、八角理事長(54)=元横綱北勝海=を支える“対抗勢力”の二所ノ関一門が23日に両国国技館内で一門会を開催。理事候補に現協会執行部ナンバー2の事業部長を務める尾車親方(60)=元大関琴風=と、新たに芝田山親方(55)=元横綱大乃国=の2人を擁立することを決めた。

 「うちは波風は一切ない」(二所ノ関一門関係者)と会合はわずか10分で終了。最後は拍手がわき起こり散会した。

 二所ノ関一門は、所属する親方の数では出羽海一門に次ぐ勢力を誇る。もともと貴乃花親方(45)=元横綱=も在籍していたが、2010(平成22)年、「協会改革を行いたい」と一門を飛び出し、貴乃花一門を創設した。このとき貴乃花部屋をはじめ阿武松、大嶽など計4部屋が“破門”となった。

 角界では2月の理事選、さらにその後の3月に行われる理事長選にむけて、政界顔負けのつばぜり合いが続いている。二所ノ関一門は、これまで一門をまとめてきた二所ノ関親方(61)=元大関若嶋津=が昨年10月、路上で倒れて頭部の緊急手術を受けたため、代わりに芝田山親方を擁立することになったのだ。

 二所ノ関一門は、改革を訴える貴乃花親方にとっては手強い対抗勢力だ。尾車親方は相撲協会ナンバー2で、高砂一門所属の八角理事長を、引き続き懐刀として支える構え。さらに、理事候補となった芝田山親方も、現役時代は横綱経験者という存在感が光る。

関連ニュース