記事詳細

【貴乃花親方 反逆の真実】貴乃花親方と八角親方の確執深めた「小林顧問」の存在 パチンコメーカーからの「裏金疑惑」で協会は提訴 (1/2ページ)

★(4) 

 日本相撲協会内で対立する貴乃花親方(45)=元横綱=と八角親方(54)=現日本相撲協会理事長、元横綱北勝海。双方にとって相反する顔を持っているのが、元協会顧問の小林慶彦氏(62)=平成28年1月解雇=だ。

 貴乃花親方にとっては、尊敬する北の湖前理事長(平成27年11月死去、享年62)の側近であり、親しい関係にあった。一方、八角親方にとっては、顧問の肩書を利用して裏金を得るなどの噂が絶えない、信用ならない人物だった。小林氏の存在が両者の確執を深める要因でもあった。

 八角親方ら協会執行部は小林氏の不正行為を調査していたが、昨年12月25日、日本相撲協会として小林氏を相手取り、裏金を受け取るなどの背任行為があったとして総額1億6500万円の損害賠償を求めて提訴した。小林氏は、パチンコメーカーから裏金を受け取ったり、両国国技館の改修工事をめぐって利益提供を求めたりしていたというのだ。

 関係者によると、八角親方が小林氏と最初に会ったのは、平成23年6月だった。ある親方から「会ってもらいたい人がいる。北の湖親方に引き合わせるように頼まれたので」と言われ、小林氏を入れて3人で食事をしたという。

 八角親方は最初から、どこの誰かわからない小林氏に不信感を持っていた。協会内でも同様の声があったが、北の湖前理事長が連れてきた人物だったので、誰も注意することはできなかった。小林氏は解雇されるまでの約4年間、協会の危機管理に関する業務などを取り仕切っていた。

 八角親方がその不信感を色濃くする出来事があった。平成25年12月、小林氏の裏金疑惑を告発する手紙を受け取ったのだ。その手紙には「小林氏が力士のパチンコ台製作に関して、仲介業者から現金を受け取った」との内容が記されていた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース