記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】混乱しそうな二段モーション 打者を幻惑する投球は、ルールの問題ではなくマナー違反

 昨季、大リーグで採用された故意四球(敬遠)の申告制度は、今季、プロ野球界でも新たな選択肢として採用される方向だ。

 従来通り4球投げる、何球か投げてからの申告、1球も投げずに最初からの申告もOK。申告して交代し、次の投手が打たれると「投球数0で敗戦投手」という珍事も起こりうる。

 混乱しそうなのは二段モーション問題だ。今まで反則投球とされ、昨季、西武・菊池雄星投手が大騒動になったが、国際基準に準じて反則投球でなくなる。もともと、大リーグでは二段モーションはほとんどないため、「反則投球」というルールがない。

 反則投球でなくなると、二段モーションが許されると勘違いされそうだが、今後もひどい場合は審判が注意するし、ボークにもなる。要は打者を幻惑する投球は、ルールの問題ではなく、マナー違反だということで、二段モーションそのものは根絶したいという。

 そもそも、大リーグで変更された規則が、1年遅れで日本でも採用されるというシステムに問題がある。日本に適した独自の規則は変える必要はない。(江尻良文)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース