記事詳細

“死闘”姿消す夏の甲子園、タイブレーク導入決定で高校野球に大きな節目

 日本高野連は10日、今春の選抜大会から導入することが決まっているタイブレークを、夏の全国選手権大会や地方大会でも採用することを決めた。延長13回無死一、二塁から開始し、試合の決着がつくまで繰り返す。決勝だけはこれまで同様に延長15回まで行い、同点の場合は引き分け再試合(再試合ではタイブレークを適用)とする。

 選手の健康管理などの観点から得点を入りやすくして、試合の早期決着を図る。13回の攻撃が5番打者からの場合、二塁走者に3番打者、一塁走者に4番打者を置く。投手成績では、無安打無得点は継続して認められるが、完全試合は認めない。

 「選手が納得できないのでは」などの反対意見もあったが、日本高野連はタイブレーク導入に舵を切った。甲子園名物の“死闘”は姿を消し、高校野球は大きな節目を迎えることになる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう