記事詳細

「これ以上何の協力がほしいねん」「池坊氏は感情まかせ」貴乃花親方の最高支援者・辻本氏が怒りの川行 (1/3ページ)

 日本相撲協会は4日、臨時評議員会を開き、貴乃花親方(45)=元横綱=の理事解任を承認したが、これに貴乃花部屋きっての支援者で龍神総宮社(京都府宇治市)の祭主、辻本公俊(よしとし)氏(65)が激怒。5日午前零時から、宇治川で怒りの川行を行い、貴乃花親方の復活を祈願した。(聞き手・山戸英州)

 --気温4度、山科川の合流地点ですから厳しい川行ですね

 「川行では貴乃花親方の一件が何とかうまくいくように祈願しています。今日は風もないし助かりましたよ」

 --臨時評議員会後、池坊保子議長(元文部科学副大臣、75)が記者会見したが、どう見たか

 「正直、感情まかせで八角(理事長)の意見ありき。議長は『貴乃花理事の言動は礼を失していたと思う』と説明しとったけどやな、ほかに理由もないし、ああいう風にしか言えんのやで。そんなことしかできひん人が重要な権限を持つ会の議長をやっていること自体がダメ。そういう部分からして見直すべきやわ」

 --貴乃花親方が処分されたことについて

 「事件に関わったのは被害者(十両貴ノ岩)であって、親方は今回の事件とは関係ないやん。(協会側の聴取要請を拒否し続けたのは)これ以上、何の協力がほしいねん。意味が分からんわ。警察や検察には親方もちゃんと最初から協力しているんやし。結局、相撲協会がずっと事情聴取に応じろって言ってる裏には、調査を都合良く改ざんしてやろうというスケベ心しかないと思う。被害者の貴ノ岩も(九州場所全休を受けて)十両に降格したわけやけどな、あれは事実上処分されたのと一緒やで」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース