記事詳細

遼、史上最年少で選手会長選出「ゴルフファンを1人でも増やす」

 日本ゴルフツアー選手会は5日、都内で理事会を開き、ツアー通算14勝の石川遼(26)を新会長に選出した。任期は2年で、26歳110日での就任は史上最年少。

 昨秋に米ツアーの出場権を失った石川は今年、2012年以来6季ぶりに日本ツアーを主戦場とする。

 男子ツアーは昨年の総ギャラリー数、テレビ中継の視聴率が軒並みダウン。“石川会長”には人気回復の先頭に立つことが求められる。本人も「トーナメント会場に1人でも増やし、ゴルフファンを1人でも増やし、視聴率を1%でも上げる」と意気込んだ。

 昨季は選手会長の宮里優作(37)が賞金王を獲得。「宮里前会長の賞金王は心強い。(会長職とプレーの両立が)できることを証明してくれた」と意欲を示したが、目指している米ツアーへの早期再挑戦の障害にならないか、気になるところではある。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう