記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】スコアアップの秘訣 的確な判断で「やさしい」ショット打つ (1/2ページ)

★今田竜二(1)

 アプローチに対する考え方は、プロとアマチュアとでは大きく違うような気がします。

 プロの場合は、「リスクが低く、それでいて一番寄りやすいショットは何か?」を第一に考えます。もちろん、「このアプローチが寄らなければ、優勝争いに残れない」というような場合は一か八かのショットをすることもありますが、基本的には大きなリスクを冒すことはありません。

 具体的には、「ボールのライはどうなっているか」(写真〔1〕)、「スタンスは普通に取れるか」、「ボールを上げなければいけないのか、それとも転がせるのか」、さらに、ボールが落ちたところから下りなのか上りなのかなど、グリーンの状況も考えながら、どんなアプローチをするかを判断します。

 たとえば、バンカー越えのアプローチでは、当然、球を上げなければいけないわけですが、同〔2〕のように上げるのが難しい場合は、ピンとは違う方向を狙って打つこともしばしばあります。

 一方、アマチュアゴルファーの場合は、何が何でもカップに近づけてやろうというショットが目立ちます。先ほどのバンカー越えのショットでも、「どうすればバンカーを越すことができるか」というように、球を上げることばかりを考えてしまうのです。これが大叩きの原因になっているのではないでしょうか。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう