記事詳細

貴乃花親方に錣山親方ら3人の強力援軍 時津風一門を離脱で堂々“支持”へ、固い地盤のウラ事情 (1/3ページ)

 日本相撲協会と対立を深める貴乃花親方(45)=元横綱=に、頼もしい援軍が現れた。同親方と親しい錣山(しころやま)親方(54)=元関脇寺尾、湊親方(49)=元幕内湊富士、立田川親方(36)=元小結豊真将=の3人が所属していた時津風一門を離脱し、無所属になったことが22日までに協会関係者への取材で明らかになった。3人は横綱白鵬(32)をのさばらせる八角理事長(54)=元横綱北勝海=に対抗するため、来年の初場所(1月14日初日)後に行われる理事選、さらに春場所(3月11日初日)後の理事長選で貴乃花親方と共同歩調を取る。 

 3親方の離脱は、18日に都内で行われた時津風一門会で表明し承認された。関係者によると「これからはどこにも所属しないでやっていきたい」とあいさつしたという。

 3人はこれまでも、理事選では時津風一門の方針に逆らいながら貴乃花親方を支援してきたとされる。無所属となったことで、“貴乃花支持”を旗幟鮮明にし、堂々とアシストすることができるようになる。

 元横綱日馬富士の暴行事件発覚後、貴乃花親方の支持勢力の中には、協会内で孤立を深める貴乃花親方から距離を置いて体制側につく親方がいると噂されたが、実際には貴乃花親方の地盤は固いようだ。

 錣山親方自身が理事選出馬を狙う可能性があるが、再任を狙う貴乃花親方と協力して票の取りまとめを行うことで、より有利に理事選を戦うことができるようになる。9-10票獲得で当選といわれている。

関連ニュース