記事詳細

貴乃花親方の処分は先送り 貴ノ岩の聴取は終了 臨時理事会

 日本相撲協会は20日、東京都墨田区の両国国技館で臨時理事会を開き、元横綱日馬富士関の暴行事件を巡る関係者の処分を話し合った。出席者によると、秋巡業中の出来事ながら巡業部長としての報告義務を怠った貴乃花親方(元横綱)への処分は先送りとなった。

 協会危機管理委員会(高野利雄委員長=元名古屋高検検事長)の調査報告は、被害者の平幕貴ノ岩関の聴取を終えたことを明記した。貴乃花親方は長期間、危機管理委による弟子の貴ノ岩関の聴取を拒否していた。

 20日午前に臨時で開かれた相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)では、元日馬富士関を「引退勧告相当」とし、現場の酒席に同席した白鵬関と鶴竜関の両横綱に厳重注意を進言することを決議。元横綱は既に引退しているが、今後同様の事態が起きた場合に備え、処分基準を明示することが必要と判断した。