記事詳細

エンゼルス大谷が帰国 到着後は鎌ケ谷の日本ハム寮へ 右足首のリハビリ続ける

 プロ野球日本ハムからポスティングシステムでの米大リーグ、エンゼルスへの移籍を決めた大谷翔平選手が12日、羽田空港着の航空機で米ロサンゼルスから帰国した。居合わせた大勢の利用客やファンの呼び掛けに時折笑顔を見せながらも、無言で足早に通路を抜けていった。

 到着後には、千葉県鎌ケ谷市の日本ハムの寮に戻った。10月に右足首の手術を受けており、今後は来年2月のキャンプインに向けてリハビリを続けていく。

 大谷は11月29日に米国入りし、各球団との直接交渉に臨んだ。今月8日にエンゼルス入りが発表され、同9日の入団記者会見では「スタートラインに立てて感謝している。エンゼルスの一員として優勝を目指したい」と抱負を語った。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう