記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】ヒジの内側を人差し指で押さえる片手打ち調整法、ライン出しは手と体一体に (1/2ページ)

★大槻智春(1)

 私が普段から取り組み、試合前にも必ずといっていいほど確認する大切な練習を紹介したいと思います。

 アイアンショットなどでしっかりラインを出すために、片手打ちで調整するのです。左手1本、右手1本のスイングをしっかりやるようにしています。

 ただ、普通に片手打ちをやると、手が体から離れてしまい手の力だけでスイングしがち。そうなると、軌道が乱れてしまい片手で打つ意味そのものがなくなってしまいます。

 そうならないために、左手1本で打つ場合は、写真〔1〕のように、左腕のヒジの内側を右手の人さし指で押さえてスイングします(同〔2〕〔3〕)。押さえる人さし指にはそれほど力を入れませんが、こうするだけで左手の動きがかなり押さえられて、手と体とが同調したスイングになります。

 右手1本で打つ場合も同様です。今度は、左手の人さし指で右腕のヒジの内側を押さえて(同〔4〕)スイングします。

 この練習を右、左交互に20~30球前後やったあとクラブを両手で持って打つと、手と体との一体感が生まれ、思い通りの方向にボールを打ち出せるようになるはずです。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう