記事詳細

相撲協会内紛で横綱・白鵬の存在感が増している (1/2ページ)

 10月の鳥取巡業中に起きた平幕力士・貴ノ岩への暴行事件の“実行犯”として横綱・日馬富士は引退に追い込まれた。ただ、日馬富士の“退場”で事態の幕引きというわけにはいかない。

 貴ノ岩の師匠である貴乃花親方は10月中に警察に被害届を提出。当局の捜査に協力する一方、協会の調査への協力要請は再三にわたって拒否してきた。八角理事長との対立は深まるばかりで、「日馬富士の引退を受けても、貴乃花親方は被害届を取り下げるつもりはない」(日馬富士の後援者)とみられているのだ。

 対立構図はむしろ複雑かつ深刻になっている。

 ◆理事長に“人事勧告”

 日馬富士が引退を表明する前日(11月28日)、八角理事長は十両以上の力士62人を招集し、再発防止のための「講話会」を実施した。その会場で、挙手して質問をぶつけた力士がいた。

 「ひとつ、(質問して)いいですか? 巡業部長を代えたりしないんですか?」

 「貴乃花巡業部長が行くのなら、(12月3日からの)冬巡業には行きたくありません」

 質問者は、最前列中央にいた横綱・白鵬だった。

 協会関係者によると、「八角理事長は、“意見があるなら力士会でまとめるなど、手順を踏んでもらいたい”とかわすのが精一杯でした」という(協会に「講話会」での質疑応答について見解を求めたが、「回答の必要がないと判断した」とするのみだった)。

 もともと、11月30日の理事会では貴乃花親方を冬巡業に帯同させるかが焦点の一つだっただけに、先手を打たれた格好となった。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース