記事詳細

阪神・藤浪、マイペース調整剥奪に反論「そんなに自由にやっていたわけではない」

 阪神・香田勲男投手コーチ(52)が24日、球団コンペがおこなわれた兵庫県内のゴルフ場で取材に応じ、今季わずか3勝(5敗)に終わった藤浪晋太郎投手(23)に活を入れた。

 高知・安芸での秋季キャンプ終了直後、香田コーチは投手陣に来春の沖縄・宜野座キャンプにおいて早いタイミングで実戦登板させる方針を示したが、藤浪も例外ではない。今年はワールド・ベースボール・クラシック(WBC)参加のため、予定を前倒しして2月のキャンプで初日からブルペン入りしたが、例年は基本的にマイペース調整。これに香田コーチが「今まで通りのペースではできない」とクギを刺したのだ。

 他の若手投手陣同様、キャンプ第1クールからのブルペン入りを求め、「第2クールでは実戦に入る。逆算して(準備をして)ほしい。ここ2年悔しい思いをしているが、やってくれるでしょう」と奮起を促した。

 一方、これを聞いた藤浪は「キャンプはメニュー通り消化しているし、そんなに自由にやっていたわけではない」と反論。「普通に調整すればいいと思う」と話した。

 過去のオフシーズンには、現在ともに米大リーグで活躍する前田健太、ダルビッシュ有らと合同自主トレを敢行。他球団の選手から「一流の教え」を請うた。今オフも「各地を転々というか、いろんな施設に行きたい」と“放浪の旅”で復活への糸口をつかもうとしている。しかし球団内には、極端に他球団の選手と交わる右腕をいぶかしむ声もある。

 それでも結果が出ていれば雑音を封じることもできたが、ここ2年の不振を受けて、いよいよ身内からメスが入る形。いきなり首脳陣と藤浪本人の思惑がぶつかった格好だが、再びマイペース調整を奪回するためには、首脳陣のハッパに応えて結果を出すしかない。(山戸英州)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース