記事詳細

協会完全拒絶!貴乃花親方、貴ノ岩聴取要請「お断り」 体調不良を理由に

 大相撲の横綱日馬富士(33)の暴行問題で、負傷した平幕貴ノ岩(27)の師匠にあたる貴乃花親方(元横綱)が22日、日本相撲協会危機管理委員会による貴ノ岩の事情聴取への協力要請を拒否した。危機管理委は全容解明のため、当事者の証言を求めているが、貴ノ岩が聴取に応じないことで難航は避けられない。

 八角理事長は同日午後、九州場所が開催されている福岡国際センター(福岡市)へ出勤した直後の貴乃花親方を呼び出した。同席した春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)によると、理事長は貴ノ岩に危機管理委の事情聴取を受けてもらえるよう貴乃花親方に依頼したが「お断りします」などと述べ、拒否したという。関係者によると、貴ノ岩の体調不良を理由とした。

 秋巡業中の10月下旬に鳥取市内の酒席で発生した問題はビール瓶の使用の有無など、情報が錯綜(さくそう)している。

 協会幹部によると、貴乃花親方は14日に行われた協会による事情聴取では「(貴ノ岩は日馬富士に)ビール瓶で殴られた」と話していたという。日馬富士はビール瓶で殴打したとの関係者証言もあるが、同席していた白鵬は16日に「ビール瓶では殴ってはおりません」と語った。

 危機管理委は九州場所休場力士を優先し、横綱鶴竜、関脇照ノ富士ら同席者の聴取を進める。日馬富士への聞き取りは19日に行った。