記事詳細

貴ノ岩のマネ?ノムさん総監督ボヤキ止まらず「巨人の時代は終わった!!」 (1/2ページ)

 巨人宮崎キャンプ60年記念として行われるジャイアンツVSホークスOB戦(来年2月10日、サンマリン宮崎)の記者会見が22日、野球殿堂博物館で開かれ、巨人OB会長の柴田勲氏(73)とホークス総監督の野村克也氏(82)が出席した。

 ノムさんは開口一番「さすがに記者が少ないね。長嶋が来ててみ?」と、あいさつ代わりのボヤキ。柴田氏が「パ・リーグですけど、ジャイアンツの一番のライバルといったらホークスだと思います」と持ち上げると「嘘つけ!!」と鋭いツッコミを入れ、会場を沸かせた。

 ホークスOBは南海の宅和本司投手、渡辺泰輔投手、広瀬叔功外野手、藤原満内野手、村上雅則投手、門田博光外野手、新井宏昌外野手、山内孝徳投手、山内和宏投手。ダイエーからは工藤公康投手、斉藤和巳投手、小久保裕紀内野手、山本和範外野手、秋山幸二外野手、佐々木誠外野手、松中信彦外野手、城島健司捕手ら。

 ところがメンバー表を見たノムさんは「しかし、まぁ…。ロクな選手がいないね。メンバーに書いてある人は、みんな生きているの? 杉浦や皆川の名前がないのは寂しい」としみじみ。

 「試合そのものより、みんなと会うのが楽しみ。(同級生の)宅和とか元気かな?」と待ち遠しい様子だった。

 それでも「われわれの頃はプロ野球は巨人中心に回っていた。毎日巨人はテレビをやっているし。パ・リーグはマイナーのマイナー。スタンドはガラガラ。巨人だけには勝ちたいと思ってやっていたけど勝てなかった」とボヤキ止まらず。

 司会の松本秀夫アナウンサーから「ここはぜひ勝っていただければ思います」と振られると「今ごろ勝ってもしようがないだろ」とごもっともな返答で、会場の大爆笑を誘った。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう