記事詳細

相撲協会、貴乃花親方外しで反撃開始 冬巡業帯同させず、NHK解説は交代…敵対的姿勢看過できず (1/2ページ)

 横綱日馬富士(33)による平幕貴ノ岩(27)への暴行問題で、騒動の影の中心人物と目される貴乃花親方(45)に、日本相撲協会が全面反撃に出た。巡業部長としての責任を問う形で冬巡業に帯同させない方向で調整、NHKの相撲中継の解説からも急遽(きゅうきょ)外れることになった。協会は、貴乃花親方の一連の不可解な行動や執行部への敵対的な姿勢を看過できず、「排除」に乗り出した形だ。

 日馬富士は鳥取県警の事情聴取に「(現場となった鳥取市内のラウンジでの)貴ノ岩の態度に腹が立ち、殴った」という趣旨の説明をしていることが分かった。「素手で殴った」などと暴行を認めているが、ビール瓶での殴打は否定している。県警は、食い違いがみられる同席者らの証言と合わせて分析した上で、日馬富士を再聴取する方針。同席した横綱白鵬の聴取は、九州場所の後に行われるとみられる。

 県警の捜査が進むなか、協会の「貴乃花親方外し」も動き出した。12月3日から始まる冬巡業に、貴乃花巡業部長と玉ノ井巡業副部長(元大関栃東)を帯同させない方向で調整している。暴行問題について危機管理委員会による調査を優先させるという名目だが、事実上の協会側の懲罰的な対応といえる。

 貴乃花親方は巡業部長として巡業中の力士を管理し、問題が生じた場合は協会に報告する責任がある。秋巡業中の10月25日夜から26日にかけて起きた貴ノ岩への暴行について、師匠でもある貴乃花親方は29日に鳥取県警に被害届や診断書を提出するなど迅速に動いたが、協会には報告していなかった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース