記事詳細

大谷、移籍先は二刀流優先 代理人のバレロ氏が明かす「機会得られるように努力する」

 米大リーグのゼネラルマネジャー会議の最終日が15日、フロリダ州オーランドで行われ、プロ野球日本ハムからポスティングシステムによる米大リーグ挑戦を表明した大谷翔平選手の代理人、ネズ・バレロ氏は移籍先に投打での二刀流が可能な球団を優先する方針を示した。

 バレロ氏は「彼はユニークかつ特別な選手。メジャーでも投打でプレーする熱意を持っている。私もその機会を得られるように努力をするし、チームとも共有したい」と語った。大谷は25歳未満の外国人選手扱いで、契約金など条件面には大きな制約がかかっている。

 ポスティングシステムの発効は来月初旬の見通しとなった。同氏は「既に選手会とも意見交換をしている。私も各球団も改定作業が進んでいるプロセスを尊重している」と強調した。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう