記事詳細

決め手は?大谷、メジャー挑戦“代理人選定暗闘”全容 “先輩”菊池まで巻き込み…所属ホリプロではなく吉本が仲介 (1/3ページ)

 いよいよ夢への一歩を踏み出した。日本ハムの二刀流、大谷翔平投手(23)が7日、初めて自ら今オフの米大リーグ挑戦を明言。米国での代理人は、米大手事務所「CAAスポーツ」のネズ・バレロ氏に任せることも判明した。日本球界の至宝が自らの進路を、敏腕代理人に託すに至った決め手は何だったのか。実は元大リーガーの球界OBをキーマンとして、花巻東高の先輩の西武・菊池雄星投手(26)まで巻き込み、マネジメント契約を巡る暗闘が繰り広げられていた。

 「自分が向こう(メジャー)に行くために必ず必要なものなので、このタイミングで(代理人を)決めたという感じですね。メジャーに前進? そうですね。そのためにやりたいと思っています」

 千葉県鎌ケ谷市の2軍施設で、手術した右足首のリハビリを順調にこなすと、大リーグ挑戦をはっきりと口にした。

 バレロ氏については、「自分が向こうに行く上で、一緒に頑張りたいなと思えると言うか、選ぶとしたら1つしか選べない。決め手はそこじゃないかと思う」と信頼感を語った。

 バレロ氏の顧客には大物がズラリ。日本人大リーガーでは青木宣親外野手(35)=メッツFA=やマーリンズの田沢純一投手(31)。他にもオリオールズのアダム・ジョーンズ外野手(32)、ブルワーズのライアン・ブラウン外野手(33)らを抱える凄腕だ。バレロ氏は、米経済誌フォーブスで「最も価値あるスポーツエージェント」にも選ばれている。

 大リーグでの二刀流が期待される大谷は、米国でも大きな注目を集めており、顧客として契約を希望する有名代理人も多かった。大谷は弁護士を立てて慎重に代理人選びを進め、豪腕と呼ばれる「スコット・ボラス・コーポレーション」、ダルビッシュ(ドジャースからFA)、前田(ドジャース)らを抱える「ワッサーマン・メディア・グループ」、イチロー(マーリンズからFA)と契約しているジョン・ボッグス氏らの中から、最終的にCAAを選んだ。

 その代理人契約の経緯は一筋縄ではいかない部分もあった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース