記事詳細

大谷の代理人にバレロ氏 メジャー移籍への動き本格化

 今オフにポスティングシステムによる米大リーグ移籍の意思を固めているプロ野球日本ハムの大谷翔平選手(23)が代理人をネズ・バレロ氏に決めたことが7日、分かった。米球界移籍に向けた動きが本格化する。

 大谷選手は水面下で弁護士とともに代理人の選定を進めていた。日本ハムは昨年の契約更改交渉の席で大谷選手が希望すればメジャー挑戦を容認する方針を示している。球団幹部は7日、取材に応じ「(方針は)変わっていない。今日は代理人が決まったということ」と話した。

 バレロ氏は青木宣親外野手、田沢純一投手(マーリンズ)の代理人も務めた。米メディアによると、同氏の所属事務所はポージー(ジャイアンツ)やブラウン(ブルワーズ)ら大リーグ選手の他、プロバスケットボールNBAやプロフットボールNFLの選手を顧客に抱えている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう