記事詳細

“かませ犬”いらない、大砲助っ人獲って!虎・金本監督の本音 若手への刺激必要だが貧打すぎるのは…

 阪神・金本知憲監督(49)が18日、大阪市内で坂井信也球団オーナー(69)にシーズン終了を報告。会見ではリーグ2位、クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ敗退で終えた今季の“誤算”として助っ人野手を挙げた。

 「言っていいのか分からないが、(誤算は)外国人のバッターですかね。(今季は)日本人選手、国産で戦ってきましたから。もう少し打てる選手というか、打ってくれたらなというのが、誤算ですね」

 坂井オーナーからは「2位でよく頑張ってくれた」とお褒めの言葉をいただいて安堵の表情を浮かべたが、満足はしていない。報道陣に囲まれ一発で試合の流れを変えられる大砲について聞かれると「そりゃあ、ほしいですよ」と訴えた。

 今季はキャンベル、途中加入のロジャースの2人の外国人野手を獲得したが、いずれも期待した長打不足解消には遠く及ばず。その分、積極的休養を取らせるはずだったベテラン福留ら他の野手陣に負担がかかった。11勝を挙げたメッセンジャー、最多セーブ賞のドリス、桑原と最優秀中継ぎ投手賞を分け合ったマテオの助っ人投手陣の活躍とは対照的だ。

 「誤算」と嘆いた本心は別のところにもありそうだ。ある球団関係者は「三塁起用を予定していたキャンベルは、昨季打率・236と不振を極め三塁にコンバートされた鳥谷の“かませ犬”としての役割は果たせた」と評した。生え抜きの若手を育てる上でも、競争相手として刺激になり、尻をたたく程度の成績を残せる外国人選手は必要というワケだ。

 就任当初から「育成を最大限に、自前のチームを作るのが目標」と掲げる金本監督。就任3年目の来季は一気に課題解消といきたいところだ。(山戸英州)

関連ニュース