記事詳細

稲葉JにDeNA・山崎康、巨人・田口ら選出 初采配の国際大会「日本の強さ見せたい」

 野球日本代表の稲葉監督の初采配となる国際大会「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」(11月16~19日・東京ドーム)のメンバーが12日に発表され、DeNAの山崎康や巨人の田口ら25人が選出された。稲葉監督は東京都内で記者会見し「開催国として負けるわけにはいかない。アジアのライバルに日本の強さを見せたい」と意気込んだ。

 出場資格は24歳以下またはプロ入りから3年以内の選手で、中日の京田、西武の源田ら5人の新人がメンバー入りした。資格外の選手を3人まで起用できるオーバーエージ枠では、西武の山川、中日の又吉、ソフトバンクの甲斐が選ばれた。金子誠ヘッドコーチが打撃コーチを兼務することも発表された。

 大会は日本、韓国、台湾が参加し、3チームの総当たり戦の後に上位2チームが決勝を戦う。

 ■巨人・田口「日の丸を背負うことは責任重大。何とかいいパフォーマンスをお見せできれば。とにかくチームのために動いていければいい」

 ■中日・京田「同世代の素晴らしい選手たちと野球ができる。いろいろなことを吸収して来年につなげたい。勝つために与えられたことをしっかりとできるよう頑張る。日の丸を背負うことに感謝してプレーしたい」

 ■DeNA・山崎康「自覚ある言動でチームを引っ張っていきたい。(稲葉監督は)優しい方だけど試合になると目の色が変わるイメージ。尊敬できる存在。頼ってもらえるような投手になりたい」

 ■西武・山川「オーバーエージ枠での選出なので、若い選手をしっかりと引っ張っていく気持ちで戦いたい。自分の武器である長打が、外国のチーム相手にどれだけ通用するのか、チャレンジしていきたい」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう