記事詳細

稀勢、力士選士権まさかの連覇で再起へ高まる期待 審判部長「体もブヨンブヨンではなかった」 (1/2ページ)

 9月の秋場所全休を含め3場所連続休場中の横綱稀勢の里が、第76回全日本力士選士権(10月2日=両国国技館)の32人参加トーナメントに出場し意外にも優勝した。

 途中休場した7月の名古屋場所以来となる注目の土俵は、“まさか”の結末が待っていた。1回戦から千代の国、大栄翔、正代、朝乃山に対し、すべて右上手を引いて寄り切り。決勝でも豪風も危なげなく寄り切り、昨年に続いて大会連覇を果たした。

 稀勢の里は「非常によかった。体を作ってきた効果が出た。(休場中に)全体をしっかり鍛えて、だいぶ全身を使えた。しっかりやれば、また相撲が取れると信じてやっている」と不安を一蹴。今年の初場所で初優勝するまで、どうしても賜杯に手が届かなかった稀勢の里だが、他のあらゆる大会を含めても、昨年の今大会が初優勝だった。トーナメントとはいえ、簡単に優勝できるものではないのだ。

 二所ノ関審判部長(元大関若嶋津)は「上手を取るのが早かったし、よく前に出ていた。ああなったら横綱は負けない。あれが形だから。休んでいたけど、体もブヨンブヨンではなかった」と評した。

 もっとも、「あの形になれないと、バタバタしてしまう」と分析したように、右上手を引けなかったときが課題だ。

 1回戦の審判だった藤島親方(元大関武双山)は「(痛めていた)左も使えていたし、状態は悪くないようにみえた。あとはどこまで勝負勘を取り戻せるか」と分析。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース