記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】ミート中心の打ち方にしています 当たらないときほどフルスイング (1/2ページ)

 【今週の質問】私は調子が悪いときには、トップをコンパクトにして、小さく振り抜くようにしています。以前はこれでうまく打てることが多かったのですが、最近は飛ばなくなってきたせいか、コンパクトなスイングをしてもまともに当たらなくなってしまいました。

 普段からしっかりとフルスイングをしている人が、ショットが乱れるので、少しコンパクトに振るイメージを持つというのはいいだろう。

 しかし、そもそも手先で合わせるようなスイングをしている人が、コンパクトに当てるスイングをしてもうまくいかない。逆に思い切り振るようにした方がいい。

 ショットの安定している人はたいていしっかりクラブヘッドを振っている。しっかり振るから、スピードが出て、スイング軌道が安定するので当たりや弾道も計算できるようになるのだ。

 振った方がゴルフはやさしいということ。中途半端な距離のアプローチで、思いがけないミスをした経験があると思う。これはしっかり振れない状況だからミスをするのだ。

 振れない人はちょっとミスをしただけで、自分のスイングを変えてしまう。当てることを優先してしまったり、逆に力ずくでヘッドをボールにたたきつけたりする。当たらなくても「そのうち当たってくるだろう」と思って軽やかに振り回すような気持ちが大事。そうでないとどんどんスイングは萎縮したり硬直したりしてくるからだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう