記事詳細

岩佐、小国下して新王者「ここまで来るのが長くて大変だった」

 ボクシングのダブル世界戦各12回戦は13日、大阪市のエディオンアリーナ大阪で行われ、国際ボクシング連盟(IBF)スーパーバンタム級タイトルマッチは、同級3位の岩佐亮佑(セレス)が王者の小国以載(角海老宝石)に6回2分16秒TKO勝ちし、新王者となった。小国の出血が激しくなり、レフェリーが試合を止めた。

 27歳の岩佐は26戦24勝(16KO)2敗。29歳の小国は試合後に現役引退を表明した。小国の戦績は22戦19勝(7KO)2敗1分け。

岩佐亮佑「(世界王者は)念願。本当に長かった。ここまで来るのが長くて大変だったが、応援してくれる人がたくさんいた。このベルトは本当に価値がある。今日はたまたま僕の日だった」

小国以載「完敗。やっぱり強かった。(自分は)サウスポーにめっぽう弱い。百発百中でもらっていた。1回から4回に全力でいくという作戦だった。(今後は)引退です。すっきりしてます。最後が岩佐でよかった」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう