記事詳細

FC東京「再建任せられない」立石GMの強化策に不満の声 2年連続で監督途中退任、森保氏の後任案も消え…

 サッカーJ1・FC東京のドタバタが止まらない。公式戦5連敗となったことで篠田善之監督(46)を10日付で解任。後任の第一候補としてJ1・広島の森保一前監督(49)をリストアップしたまではよかったが、同氏は日本協会が東京五輪監督の有力候補としている。これを知ったチーム株主側が「それを無視して交渉するわけにはいかない」と森保氏をリストから外すことを検討している。

 クラブ強化は2015年に就任した立石敬之GM(49)がトップ。しかし昨年に続き、2年連続で監督が解任になり3年連続の無冠も確実。強化策には選手たちからも疑問があがっている。

 一部報道で森保氏の名前があがったが、それは株主の中から出た名前だ。当面は安間貴義コーチ(48)が監督に昇格する。同コーチは2015年に東京に入団、前年にはJ2だった富山をJ3に降格させた監督だ。立石氏が強化部長からチーム強化のトップであるGMに昇格したことをきっかけに東京に呼んだ。「立石GMと安間コーチは監督ライセンスを取得する講座の同期生ですから」と、力量とは別の『縁故入団』という声がチーム関係者からあがっており、主力選手のモチベーションも低下する一方だ。

 2年連続で監督が途中解任となった立石GMらの強化部では、FC東京の再建は任せられないという声は身内からもあがっている。東京ガスを筆頭に三菱商事や三井物産など、他のJクラブがうらやむ株主が10億円以上の資本金を出しているが、現体制ではとてもリーグ戦を戦える状況ではない。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース