記事詳細

高安と宇良も休場…3横綱1大関は18年ぶり 田子ノ浦親方「本人が一番悔しいと思う」

 大相撲秋場所3日目の12日、右太ももを痛めた東大関高安(27)=本名高安晃、茨城県出身、田子ノ浦部屋=と、右膝負傷の西前頭4枚目、宇良(25)=本名宇良和輝、大阪府出身、木瀬部屋=の休場が決まった。3横綱1大関の休場は1999年春場所以来18年ぶり。

 大関2場所目の高安は「右大腿筋群損傷で3週間の安静加療を要する見込み」との診断書を日本相撲協会に提出した。2日目の小結玉鷲戦で初黒星を喫した際に負傷。

 高安の休場は2015年秋場所以来2度目。再出場はしない意向で、11月の九州場所は初のかど番となる。3日目の対戦相手、北勝富士は不戦勝。検査の結果、右大腿内転筋の部分断裂が判明したといい、師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は「来場所に間に合わせるように努力して、今まで以上に稽古をしてほしい」と述べた。

 小兵の業師で人気のある宇良は15年春場所の初土俵以来初の休場。2日目の貴景勝戦で敗れた際、先場所に痛めた膝を悪化させた。3日目の対戦相手、逸ノ城は不戦勝。

 ■高安の師匠、田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴) 「場所前から一生懸命に稽古をやっていたので、本人が一番悔しいと思う。この悔しさをばねにして、もっと体を強くして来場所に臨んでもらいたい」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう