記事詳細

田沢、同僚イチローの日米通算5863塁打に「一緒にプレーできているのは光栄」

 マーリンズの田澤純一投手(31)が6日、マイアミで行われたナショナルズ戦で大量リードされた終盤に登板。2イニング目の8回に一発を浴び、3試合連続失点を喫した。「ボールが抜けてしまった。あれが反省」と振り返った。チームは1-8で4連敗を喫した。

 この日は5回に代打で登場したイチローが、日米通算で王貞治(巨人)のプロ野球記録5862塁打を上回る5863塁打を放った。「本当に素晴らしい」と話すと、今季から同僚になっただけに「一緒にプレーできているのは光栄。いつもしっかり準備されている。少しでも自分が吸収できれば」とも述べた。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう