記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】ショットがまとまらない 計算できる「トップ」使いこなせ!状況選ばずオールマイティー (1/2ページ)

 【今週の質問】今週ラウンドをするのですが、練習場で打ってみたところ、ショットが右へ左へと曲がってしまい、どうにもまとまりがつきません。一発もいいショットが出ないのです。不安ばかりのラウンドになってしまいそうです。こういうときはどうしたらいいでしょうか。

 そういうときにはトップを打つ。全ショットをリーディングエッジでボールの横腹を打って、ハーフトップのような低いライナーを打っておけばいい。

 基本的にゴルフではトップだけ打てればまずまずのスコアで回ることができる。ドライバーでトップすれば(写真〔1〕)、キャリーは出ないが大きく曲がることもなく、転がっていくので、まあまあ2打目の打てるところにはいく。

 そこからはグリーンに乗らなくてもいいので、トップさせてグリーンの側まで持っていく(〔2〕)。あとはアプローチでうまくいけば寄せワン、悪くてもボギーで上がっておけば、普通に回るならまあまあのゴルフだ(〔3〕)。

 トップだと距離感を出すことはできないが、必ずある程度は前に進む。カツーンとやれば、ゴロでグリーン近くのアプローチのできるあたりには持っていけるものだ。

 ダフってまったく飛ばなかったり、チーピンでOBにしたりするよりはよっぽど計算ができる第2打になる。別にナイスショットをしなくても、十分に用は足りる。そこそこのスコアでは回ることができるということだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう