記事詳細

リレー日本は銅メダル 桐生「攻めのバトンでいった」、藤光「本当に最高」 世界陸上

 陸上の世界選手権第9日は12日、ロンドンで行われ、男子400メートルリレー決勝で多田修平(関学大)飯塚翔太(ミズノ)桐生祥秀(東洋大)藤光謙司(ゼンリン)の日本は38秒04で3位に入り、大会史上初の銅メダルに輝いた。昨年のリオデジャネイロ五輪銀メダルに続く表彰台で、今大会の日本勢で男女を通じて初のメダル獲得となった。

 ジャマイカは現役最後のレースで第4走者を務めたウサイン・ボルトが脚を痛めてゴールできず、5連覇はならなかった。英国が37秒47で初優勝し、米国が37秒52で2位だった。(共同)

多田修平「予選よりもスタートがだいぶ決まった。中盤もいい加速に乗れてベストな走りができた。初めてのリレーで不安もあったが、とりあえずバトンをぶちこもうと思った」

飯塚翔太「前だけを見て一生懸命走った。うれしい。それだけ。予選はバトンが全ての区間で失敗した。終わった後に、バトン次第でこれぐらいタイムを縮められると話していた」

桐生祥秀「攻めのバトンでいった。メダルが取れて良かった。今回はリレーのために来た。(個人種目を見ている時は)心のどこかで悔しい思いもあった。気合も入っていた」

藤光謙司「走りたい気持ちが(リオデジャネイロ五輪から)1年越しにかなった。内容はあまり覚えてないが、すごく気持ち良く走れた。0・1秒でも速くという気持ちで走った。本当に最高」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう