記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】アプローチのミスを防ぐには“手と体との一体感” スイングの基本も身に付く3つの練習 (1/2ページ)

★上田桃子(2)

 アプローチのミスは手打ちが原因で起こることが多いので、手と体との距離を保ちながら、しっかり下半身を使ってスイングすることが大事です。私が普段やっているドリルを紹介しましょう。

 1つめは、左手の片手打ちです。人によっては左手1本でポンポン打つ人もいますが、私の場合は軌道が安定するように、右手で左ヒジを押さえ、左手だけでボールを打ちます(写真〔1〕〔2〕)。もちろんこのとき、手と体とを一緒に動かすということを忘れずに。

 2つめは、右手の片手打ちです。左手の片手打ち同様、空いている左手で右ヒジを押さえて右手だけでボールを打ちます(〔3〕〔4〕)。これも意識するところは、“手と体との一体感”です。

 この2つのドリルをやることによって、腕と体とが一体になって動く感覚が自然と身につくので、手打ちを防ぐことができるというわけです。

 さらにもうひとつ、バックスイングでクラブを真っすぐ引くというドリルも加えます。私はターゲットラインと平行になるようにクラブを置き、それをガイドラインにしてクラブが真っすぐ上がっているかどうかをチェックします(〔5〕)。

 どんなに小さなスイングでも、バックスイングは手と体との距離が変わらないことが大事です。そのためにもクラブをインサイドに引き過ぎたり、アウトサイドに上げないようにすることが重要になってくるのです。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう