記事詳細

張本、クラスメートに「『チョレイ!』まねはいいけどバカにしないで」

 「チョレイ!」

 史上最年少でベスト8入りを果たした世界選手権で全国的に有名になった、独特のかけ声が会場に響き渡った。

 卓球のライオンジャパンオープン荻村杯の第1日が14日、東京体育館で行われ男子一般の部シングルス予選2回戦で、13歳の張本智和がスウェーデン選手を4-2で下した。

 エントリーしていたU-21の出場を見送り、シニアの試合に専念。2ゲームを先取した後、第3ゲームを落とした。相手に短いサーブに対応されていると感じると、ロングサーブを増やして即座に戦術を変更。接戦でも冷静さを失うことはなかった。

 世界選手権準々決勝の許キン(中国)戦が大きな力になっている。「ラリー中も、許キン選手と比べたら全然いけると言い聞かせた」という。

 「ミスを減らして4強以上」を狙う今大会。ちなみに例のかけ声、中学のクラスメートにまねされることが増え、「まねはいいけど、ばかにされているみたいで嫌」なのだという。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース