小沢一郎氏の典範改正発言 習近平氏−天皇会見の罪滅ぼしか (2/2ページ)

2017.03.20

 小林:あのときの罪滅ぼしなんじゃないかな(笑)。

 石破:いずれにしろ、陛下が時の権力者の道具になってしまえば、もう権威ではあり得ません。

 小林:そうなんですよ。「ただ存在すればよい」なら、病気や認知症などで公務が果たせなくなってもかまわないという話になるでしょ。それでは天皇の権威が失われてしまう。

 石破:それに対してはこんな反論がありました。「昭和天皇は最後の1年ぐらい病に伏せっておられたが、それでも国民は陛下を慕って、みんなでご回復を祈っていたではないか」というんです。存在自体が権威だからだ、といいたいのでしょう。

 でも、それは違う。敗戦後、先帝陛下は広島や長崎をはじめ焦土と化した国土を巡幸され、懸命に象徴としての役割を果たされた。それがあるから、病に伏されてもみんなが慕ったんです。

 小林:そうですね。しかし1年程度ならともかく、10年も認知症で表に出られなくなったら、どうなるのか。ずっと摂政が代役を務めるわけにはいきません。

 ●構成/岡田仁志(フリーライター)

 ※SAPIO2017年4月号

NEWSポストセブン

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。