キーマン・浜渦氏、声荒げ「交渉まとめ称賛された」 密約の存在否定、不快感あらわ「勝手なことをしてくれた」 (2/4ページ)

2017.03.20

都議会の百条委員会に臨む浜渦武生元東京都副知事=19日午後、東京都新宿区(納冨康撮影)
都議会の百条委員会に臨む浜渦武生元東京都副知事=19日午後、東京都新宿区(納冨康撮影)【拡大】

  • <p>東京都議会の百条委員会に臨む、浜渦武生元副知事=19日、東京都新宿区(納冨康撮影)</p>
  • <p>東京都議会の百条委員会で証言する浜渦武生元東京都副知事=19日、東京都新宿区</p>
  • <p>豊洲市場への移転問題を検証する東京都議会の百条委員会で、質問に答える浜渦武生元副知事=19日午後</p>

 浜渦氏が責任者となって一気に進んだとされる用地取得交渉。だが、豊洲を移転先に決めた妥当性を問われると、浜渦氏は「私が担当したのは市場を豊洲に移すから用地の交渉をしろということ。どこが良いとか悪いとかの判断はなかった」と述べた。

 13年7月の基本合意後に交渉担当を外れて以降は、土壌汚染関連を含めて報告を受けていなかったとして、無関係だったことを強調した。

                 ◆◇◆

 ■「ストーリーを作らないで」強気、切り込めず

 「残念ながら私への報告は一切ない」。豊洲市場問題で東京ガスとの用地交渉のキーマンとされてきた元東京都副知事、浜渦武生氏は19日の都議会百条委員会で、東ガスと都が行った交渉の核心部分への関与を否定した。当時は東ガスが土壌汚染対策を全て実施するとの認識だったとし、都が多額の費用を投じた経緯も「知らない」などと繰り返し答弁。追及する都議に「不届き」「ストーリーを作らないで」と言い返すなど、強気の姿勢を貫いた。

 ◆「私は知らない」

 「水面下交渉の裏の結論です」。公明党の谷村孝彦都議は「『水面下交渉』の内容」と書かれたパネルを委員会室で示し、目の前に座る浜渦氏に向かって断言した。

 公明などが水面下交渉の“象徴”と位置づけて問題視したのは、都幹部と東ガス幹部の署名が入った土壌汚染対策などに関する平成13年7月18日付の確認書。浜渦氏が交渉役につき、「水面下でやりましょう」と発言してから約9カ月後に締結されたものだ。

 東ガス側が法令に沿って策定済みだった計画に基づき、土壌汚染対策を実施することを明記。汚染処理の範囲が限定的になっている内容で、汚染を残すことになった。記録上、この確認書を根拠に東ガスは追加負担に難色を示し、最終的には「瑕疵(かし)担保責任の放棄」に行き着く。しかし、その存在は長年、公にされてこなかった。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。