豊洲問題、百条委副委員長が激白! 慎太郎氏が「最初に着手したのは豊洲移転」  (1/2ページ)

2017.03.18

石原慎太郎氏
石原慎太郎氏【拡大】

  • <p>石原氏の疑惑を、谷村都議は証人喚問で徹底追及する</p>

 豊洲新市場の移転問題をめぐり、東京都議会で12年ぶりに百条委員会が開かれる。石原慎太郎元都知事の証人喚問は20日、浜渦武生元副知事には19日に行われる。「都議会のドン」こと内田茂都議率いる都議会自民党と決別し、「東京大改革」を進める小池百合子都知事と連携する都議会公明党はどう斬り込むのか。都議会公明党幹事長代行で、百条委員会副委員長の谷村孝彦都議に聞いた。

 「石原氏は『豊洲移転は、自分が知事になったときには決まっていた』などとメディアで発信しているが、私には『言い逃れ』にしか聞こえない。石原氏が知事に就任して最初に着手したのは豊洲移転問題だった」

 谷村氏はこう言い切った。石原氏への強い不信感をあらわにした。

 百条委員会では、環境基準を超える土壌汚染が確認された豊洲への移転を決断した石原氏と、土地取得の交渉に当たった浜渦氏への追及が注目される。石原氏と二人三脚で、総経費約5900億円もの豊洲移転を推進した都議会自民党の責任も当然問われそうだ。谷村氏は続ける。

 「現在、時系列の表を作成して、関係者がどのように関与し、何を決め、どう動いたかを徹底的に調べている。内部情報も集まっている。責任の所在を明らかにすることが大事だ」

 そのためには、石原、浜渦両氏を筆頭に、歴代の市場長や企業関係者らの出頭要請をした。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。