稲田氏、崖っぷち…ついに引導か PKO日報保管問題、安保委で追及 NHK報道「データ消去を指示か」 (1/2ページ)

2017.03.17

再び窮地の稲田氏=16日午前
再び窮地の稲田氏=16日午前【拡大】

 稲田朋美防衛相が、崖っぷちに立たされた。南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣部隊の日報が廃棄され、その後、別の部署で見つかった問題は、今年1月中旬ごろまで陸上自衛隊内で日報の電子データが保管されていたというのだ。稲田氏の説明と食い違ううえ、NHKは「データ消去を指示か」と報じた。意図的な情報隠蔽・データ廃棄の疑惑。稲田氏は16日午前の国会で「特別防衛監察」の実施を表明し、すぐ辞任することは否定した。この問題は、稲田氏に引導を渡すことになるのか。

 「徹底的に調査のうえ、防衛省、自衛隊に改めるべき隠蔽体質があれば、私の責任で改善していきたい」

 稲田氏は16日午前の衆院安全保障委員会で、こう語った。前日夜、大臣直轄の防衛監察本部で事実関係を調査する「特別防衛監察」の実施を指示したという。調査優先で、すぐ辞任することは否定した。

 菅義偉官房長官も16日午前の記者会見で、稲田氏の進退問題について「まったく考えていない」と強調した。

 日報をめぐっては、大規模な武力衝突が起きた昨年7月の記録について、昨年10月に防衛省に情報公開請求があった。陸自の派遣部隊と中央即応集団司令部を調査したが、データは廃棄されていたとして、同年12月に「不存在」と回答した。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。