慎太郎氏の無責任会見、小池氏「中身よく分からず残念」 「百条委」証人喚問で修羅場も (1/2ページ)

2017.03.05

侍はいったいどこにいたのだろうか…。不敵な笑みの石原氏に小池氏(右)の目は厳しい
侍はいったいどこにいたのだろうか…。不敵な笑みの石原氏に小池氏(右)の目は厳しい【拡大】

 豊洲新市場の移転問題をめぐり、石原慎太郎元都知事(84)は3日午後、満を持して、小池百合子都知事に反撃する記者会見に挑んだ。石原氏は、小池氏への不満をぶつけたが、「私一人の責任ではない」「専門家の判断に任せていた」などといい、豊洲移転をめぐる経緯は最後まで明確にならなかった。「百条委員会」の証人喚問(20日)を見据えて、小池氏らはどう受け止めたのか。

 「中身がよく分からず、せっかくの記者会見だったのに残念だ。石原さんらしくない印象だけが残った」

 小池氏は3日夕、記者団にこう語った。淡々と語りながらも、勝ち誇ったような雰囲気を感じた。

 「果たし合いに出かける、昔の侍のような気持ち」といい、会見に臨んだ石原氏だが、鋭い刃物のような“石原節”は感じられなかった。

 小池氏側近は「想定通りの会見で、無責任な内容だった。こうなることは最初から想像していたが、それにしても本当にひどい」と評した。

 石原氏は豊洲移転の責任について、「行政の責任は裁可した最高責任者にある、これは私は認める」と語った。そのうえで、「(移転を)承認した議会にも責任がある。裁可をした私一人の責任というより、行政全体の責任。それを検証するのが本質を明かす術ではないか」とも述べた。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。