【断末魔の中韓経済】韓国、グローバリズムのなれの果て 若年層失業率2ケタも、純移民流入30万人 (1/2ページ)

★(3)

2017.05.19

 OECD(経済協力開発機構)が14日発表した韓国の2017年1−3月期における若年層失業率(15−24歳の労働市場に参加している層の失業率)は、10%と、ついに2ケタに達した。OECD加盟国の若年層失業率の平均は、同四半期に0・4ポイント改善し、12・3%であった。EU(欧州連合)は18・1%から17・4%へ、0・7ポイント改善。米国が10・2%から、9・7%へ、0・5ポイント改善。日本も4・8%から4・4%へ、0・4ポイント改善した。

 韓国以外で若年層失業率が悪化したOECD加盟国は、オーストリア、チリ、ラトビアのみであった。

 韓国メディア「マネーウイーク」は16年2月26日、就職情報専門企業「サラミン」の興味深いアンケート結果を報じていた。サラミンが韓国国内の成人男女1655人を対象に調査したところ、何と78・6%が「できれば移民したい」と回答したのである。しかも、回答者の47・9%が、実際に移民するために準備を行っていると答えたのである。

 さらに興味深いことに、国連が調査した11−15年の純移民流入数を見ると、日本が35万人であるのに対し、韓国は30万人。人口が日本の半分未満の韓国に、わが国とほぼ匹敵する人数の移民が純流入しているのだ。まさに、グローバリズムの優等生である。

 グローバリズムとは、モノ、ヒト、カネの国境を越えた移動を自由化することだ。あるいは自由化することを「善」とするのが、グローバリズムの教義である。

 韓国ではグローバリズムの名の下で、国民が苛烈な競争を強いられ、同時に外国人労働者を受け入れていった。本来、若年層失業率が2ケタに達している国が、移民を受け入れる必要はないはずだ。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。