朴前大統領が“屈辱”聴取へ…韓国検察が通告 大統領経験者がたどる悲惨な末路

2017.03.16

ソウル市内の自宅に“籠城中”の朴氏。いつ姿を見せるのか (共同)
ソウル市内の自宅に“籠城中”の朴氏。いつ姿を見せるのか (共同)【拡大】

 罷免された韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領がさらに恥辱を受けることになりそうだ。韓国検察が15日、朴氏側に対し、21日午前9時半にソウル中央地検に出頭し、事情聴取に応じるよう通告したと明らかにした。朴氏は容疑者として取り調べを受ける。国民の前でさらしものになる屈辱に耐えられるのか。

 聯合ニュースによると、朴氏の弁護人は15日、「特別な事情がない限り、(聴取に)積極的に応じ、捜査に協力する」と述べた。

 朴氏にとって耐え難いのは、韓国の通例ともいえる出頭前のメディア対応だろう。朴氏をめぐる一連の疑惑では、長年の友人で疑惑の中心人物、崔順実(チェ・スンシル)被告や、韓国最大財閥サムスングループの経営トップでサムスン電子副会長の李在鎔(イ・ジェヨン)被告が、大勢の報道陣に取り囲まれたなかで謝罪した。

 朴氏は12日、「時間はかかるだろうが、真実は必ず明らかになると信じている」とコメントを出したが、憲法裁の決定や捜査に抵抗するかのような姿勢に批判が巻き起こった。このため、出頭日には韓国メディアから朴氏に対し、厳しい質問が飛ぶ可能性が高い。

 韓国では、検察の聴取を受けた盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領が2009年5月、自殺するなど、大統領経験者は悲惨な末路をたどっている。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。