米国vs北朝鮮、月内開戦の緊張 韓国THAAD配備前倒し…核・ミサイル脅威が高度化、加速化「今後2、3週間がヤマ場」 (1/3ページ)

2017.03.09

米韓両軍は7日、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備を開始した(AP)
米韓両軍は7日、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備を開始した(AP)【拡大】

  • <p>トランプ大統領</p>
  • <p>金正恩氏(ロイター)</p>

 ドナルド・トランプ米大統領が「北朝鮮制圧」に向けて動き出した。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮が弾道ミサイル4発を発射したことを受け、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備を大幅に前倒ししたのだ。「在日米軍基地打撃」まで公言する北朝鮮に対し、国連安全保障理事会は7日、「重大な決議違反」との非難声明を発表した。正恩氏の異母兄で、暗殺された金正男(キム・ジョンナム)氏の息子、ハンソル氏を名乗る男性が「数日前に父親が殺された」と話す動画も投稿された。現在、米韓合同軍事演習が行われているが、早ければ3月中にも「斬首作戦」「限定空爆」に踏み切る可能性が浮上した。

 「北朝鮮の弾道ミサイル発射を強く非難する」「安全保障理事会決議違反を続ける北朝鮮は『世界ののけ者』だ」「(THAADは)北朝鮮のミサイルの脅威に対する純粋な防衛システムだ」

 ジュネーブ軍縮会議の全体会合で7日、米国代表は北朝鮮を強く批判したうえで、THAADの重要性を説明した。

 北朝鮮代表は各国の非難声明に対し、「政治的な動機に基づくもので拒否する」と強調し、米韓の軍事演習こそが北朝鮮の安全保障を危機にさらしていると主張した。完全に感覚がズレているようだ。

 正恩氏が君臨する北朝鮮は、VXを含めた化学兵器を最大で5000トン保有していると推定(韓国の国防白書)され、核兵器の小型化に成功しているとみられる。日本全土を射程に収めるノドンミサイルを200〜300基も実戦配備し、米国本土まで到達可能な大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射も警戒されている。

 アジアと世界の平和と安定のためには、放置できる存在ではない。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。