安倍首相「寄付100万円」のナゾ 永田町関係者「講演料を『寄付金』と解釈したのだろう」

2017.03.21

小学校用地を視察した参院予算委の視察団に応対する籠池氏(中央左)=大阪府豊中市
小学校用地を視察した参院予算委の視察団に応対する籠池氏(中央左)=大阪府豊中市【拡大】

 安倍晋三首相は17日の衆院外務委員会で、昭恵夫人を通じて首相から100万円の寄付を受けたと明言した籠池氏側の主張を強く否定した。昭恵夫人の個人的な寄付についても否定、籠池氏側は「ショックだ」などと反発しているという。

 民進党の福山哲郎参院議員は、籠池氏から聞き取った内容として、2015年9月に学園で講演した昭恵夫人が「どうぞこれをお使いください」「安倍晋三からです」として現金100万円を渡したとした。

 安倍首相は前出の外務委で、「1対1で会ったことも個人的関係もない方に、これだけ多額の寄付をするのはあり得ない話だ」と否定した。

 一方、著述家の菅野完(すがの・たもつ)氏は17日、籠池氏側が大阪市内の郵便局で100万円の口座振替を行ったとする受領書を公開。依頼人の欄には籠池氏側が書いた「安倍晋三」との文字が修正テープで消されているとした。

 ある永田町関係者は「学園は昭恵夫人の講演料として100万円を用意していたが、昭恵夫人は受け取らなかった。学園側は、その講演料を『寄付金』と解釈したのだろう。講演料辞退を寄付と言い募るのは、かなり強引だ」と語った。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。