鎌田實さん、遊行とは「野垂れ死にを恐れずに、外に向かって自由に動き回ること」 (1/3ページ)

★鎌田實さん『遊行(ゆぎょう)を生きる』(清流出版、1000円+税)

2017.03.19

鎌田實さん
鎌田實さん【拡大】

  • <p>鎌田實さん</p>
  • <p>鎌田實(著)『遊行(ゆぎょう)を生きる』(清流出版、1000円+税)</p>

 遊行とは仏教用語で「僧が修行・説法のために諸国をめぐり歩くこと」。古代インドの聖人は人生を4つの期に分けて、最後の遊行期は「死の準備と人生の締めくくり」にあてるものとした。若いときからこの精神を意識して過ごせば、人生はずっとおもしろくなると言い切る著者に、発想の出所などを聞いた。(文・たからしげる 写真・伴龍二)

  −−本書ができるまでの経緯は

 「月刊誌で3年近く連載した原稿をもとにして、その後1年半ほどの時間をかけて大幅に書き改めました。当初の内容は跡形もなくなっています。これまでは世界中を飛び回って、出会った人たちの心にスポットライトを当てて本を書いてきましたが、このたび初めて、そのスポットライトを自分の心に当ててみたんです。自分自身が分からなくなっていたので、タイトルにしても最終的に決まるまで二転三転しましたね」

 −−「遊行」という言葉を初めて意識したのは

 「20年くらい前、インドの古い言葉にあるのを見つけました。迷いから脱出できるのは、これしかないと思いました。ぼくにとって遊行とは、野垂れ死にを恐れずに、外に向かって自由に動き回ることなんです。人生で成功した人たちはみんな、こうした遊行のテイストを持っています。人生で壁にぶつかったとき、遊行の精神を発揮すれば、人生はもっとおもしろくなるし、結果として人の役にも立つようになるんですね」

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。