政治・社会の連載

日本の解き方
日本の解き方
高橋洋一

iPS細胞の「ストック事業」支援打ち切り検討 急激な減額は避けるべき 「弾力的仕組み」の議論が必要

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)を備蓄する「ストック事業」をめぐり、国の支援の減額や打ち切りが検討されていると一時、報じられた。竹本直一IT・科学技術担当相は「2022年度まで支援を続ける」と打ち切りを否定したが、国の支援と基礎研究の事業化のあり方を考えさせられる機会となった。【記事を読む】