記事詳細

“河野総裁”なら霞が関は大混乱 官僚を「掌握」できるのは誰か 河野氏「害務省」高圧言動で心離れた 岸田氏、現実的政策で歓迎ムード 高市氏、政策通で国会答弁心配ない 野田氏、姉御肌も外交・安保に弱み (1/3ページ)

 自民党総裁選(29日投開票)は最終盤に突入した。知名度で先行した河野太郎行革担当相が「親族企業と中国の関係」や「大増税必至の年金改革案」で失速気味となり、岸田文雄前政調会長や、高市早苗前総務相と激しく競り合い、野田聖子幹事長代行が追い掛ける展開だ。中国の軍事的覇権拡大など、激動する世界で日本の未来を切り拓くには、霞が関官僚をうまく使いこなす必要がある。かつて田中角栄元首相は、ずば抜けた発想力と決断力、実行力、人間力などを武器に官僚たちを魅了して掌握した。今回の総裁選、官僚が「警戒する候補」「熱望する候補」は誰なのか。

 「害務省の風土」

 ある外務省OBは、古巣「外務省」をもじった、こんなタイトルのブログの画像を記者に見せてくれた。

 河野氏が自民党政調副会長だった2008年4月に発信したもので、カンボジアでの無償資金協力をめぐり、「害務省のODA管理にまたほころび」「害務省の風土や文化の問題」「なぜ、害務省は相手に喜んでもらうことを考えないのか(抜粋)」などと辛口の言葉が並んでいた。短い文章に「害務省」という単語が17個(タイトルも含む)も入っていた。

 同OBは当時を振り返り、「河野氏は、外相経験もある河野洋平衆院議長(当時)の長男のため、省内も注目していたが、あのブログで心は離れた。河野氏は17年8月に外相に就任したが、周囲に当たり散らす態度が目立ち、うんざりした」と明かした。

 河野氏は「週刊文春」に官僚への高圧的言動を「パワハラ」と報じられたが、政策・施策の進め方にも疑問が出ている。

関連ニュース