記事詳細

総裁選で旋風、高市氏の意外な素顔 約14年間連れ添った元夫・山本拓議員を直撃 「まさに大和撫子」いまでも私の親を大事に 以前から首相になる準備をしてきた (1/2ページ)

 自民党総裁選(29日投開票)で旋風を巻き起こしている高市早苗前総務相(60)は、学生時代にヘヴィメタバンドでドラムをたたき、バイクをこよなく愛すなど、意外な趣味でも注目されている。そんな高市氏と約14年間連れ添い、現在、高市陣営で全力支援する同党の山本拓衆院議員(69)が、高市氏の知られざる一面を語った。

 「高市さんは、まさに大和なでしこだ。趣味は派手だが、普段は純粋で真面目。『厳しい家庭に育った』とも聞いた。そんなところが魅力的だ」

 山本氏は語った。2004年に結婚した。結婚生活は楽しかったが、政治家同士ゆえ大変な部分もあったようだ。

 「高市さんは『女性だからと下駄を履かされるのは嫌だ。平等でしょ』という感じだった。家事は、私が料理、高市さんは洗濯と分担した。政策づくりに熱心で、暇があればパソコンに向かっていた。女流作家と一緒になったようだった」

 「2人の思想信条や人脈が違っていて、周囲からは『奥さんはこう言っていたのに…』などと言われ、やりにくい面もあった。そこで、一度別れて政治活動をしようと、17年に協議離婚した」

 ただ、高市氏は、山本家とのつながりを大事にしているという。

 「結婚当時から、高市さんは私の両親を大事にしてくれた。いまでも私の地元・福井県に立ち寄れば、お墓参りに必ず来てくれる。本当に律義だ」

関連ニュース