記事詳細

「コロナ差別」の悲劇 検査で陰性なのに「早く出ていけ」と張り紙 (1/3ページ)

 「あなたがウイルスを持ちこんだ!」、「近寄らないで!」……。新型コロナウイルス感染や死の恐怖から、いままで仲がよかったお隣さんが豹変する--。そんなことが起きているというのだ。

 特に、都会と比べて人とのつきあいが密接な地方では、感染情報が広まるのが早いという。感染者に起きた、新型コロナウイルスの本当の恐怖は、人間関係にこそあったのだ。新潟県在住の60代主婦が心配そうな顔でつぶやく。

 「3月16日まで感染者数が1桁だったので安心していたら、最近は大衆酒場や病院などでクラスターが発生し、感染者が急増して2桁になりました。それなのに県内では、飲食業を支援する『Go To イート』の食事券や県内限定の宿泊券が販売され、温泉やレストランが賑わっています。いずれ感染爆発が起こるのではと不安でなりません」

 首都圏などの緊急事態宣言は解除されたが、専門家が危険視するのは地方だ。

 「地方都市の(感染者の)急増は非常に心配。病床を確保しようとしているが限界がある」

 3月24日の定例会見でそう警鐘を鳴らしたのは、日本医師会の中川俊男会長だ。実際に福島県、新潟県、滋賀県、愛媛県などでは新規感染者が第3波のピークに迫り、愛媛県の中村時広知事は3月25日、「第4波に入った」と明言した。

 第3波までは東京都など大都会が感染拡大の中心だったが、これから地方を襲うと予想される第4波で本当に懸念されるのは、感染者や重症者の増加ではなく、エスカレートする「コロナ差別」だ。

NEWSポストセブン

関連ニュース