記事詳細

藤井棋聖、唯一の勝率8割超で最年少200勝 印象に残った白星は「棋聖戦第1局」

 将棋の高校生タイトルホルダー、藤井聡太棋聖(18)=王位=は20日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で指された第70期王将戦挑戦者決定リーグ(王将リーグ)の最終6回戦の一斉対局で木村一基九段(47)に勝ち、最年少の18歳4カ月、最高勝率8割3分3厘で公式戦通算200勝(40敗)を達成した。他局の結果、藤井棋聖の王将リーグ残留はならなかった。

 日本将棋連盟によると、永世称号獲得者と中学生でプロデビューした棋士の中で、これまでの最年少、最高勝率は羽生善治九段(50)の19歳1カ月、7割9分1厘(200勝53敗1持将棋=引き分け)。

 プロ入りから最速は羽生九段の3年11カ月で、藤井棋聖は2番目の速さの4年1カ月で達成した。終局後、印象的な白星を問われた藤井棋聖は「今年の(ヒューリック杯)棋聖戦第1局は初めてのタイトル戦。その中で自分なりに精いっぱいできたと思うので印象に残る」と語った。

関連ニュース