記事詳細

【勝負師たちの系譜】永瀬二冠敗れ混戦のB1 本命でも昇級逃すことあるのが順位戦、最下位グループの羽生九段に時代の移り変わり感じる (2/2ページ)

 名人挑戦を争うA級は、斎藤慎太郎八段が4勝無敗のトップだが、まだあと5局残っているので、予断は許さない。斎藤が挑戦者となれば、女性ファンが一気に増えることと思う。現在2番手は、現会長の佐藤康光九段である。

 A級は誰が降級するかも注目されるが、レジェンドと呼ばれた羽生善治九段がまだ1勝で、最下位グループというところに、時代の移り変わりを感じてしまう。

 A級の最終局は2月末で、挑戦者争いが最後までもつれるか注目される。

 C級2組は伊藤真吾五段と黒田尭之四段が、6勝と5勝で無敗。出口若武四段が5勝1敗と続く。

 伊藤と出口は両者降級点を1つ持ちながらの昇級争いで、有望な若手でも調子が悪いと降級点となってしまうところに、年配者が少なくなった今日のリーグ戦の厳しさがある。

 それにしても、コロナの第3波と言われる今日、順位戦を一斉にやって大丈夫かと思うのは、私だけであろうか。

 ■青野照市(あおの・てるいち) 1953年1月31日、静岡県焼津市生まれ。68年に4級で故廣津久雄九段門下に入る。74年に四段に昇段し、プロ棋士となる。94年に九段。A級通算11期。これまでに勝率第一位賞や連勝賞、升田幸三賞を獲得。将棋の国際普及にも努め、2011年に外務大臣表彰を受けた。13年から17年2月まで、日本将棋連盟専務理事を務めた。

関連ニュース