記事詳細

【室谷克実 新・悪韓論】韓国あきれた変節 東京五輪を「放射能五輪」と呼んでいたのに「成功のため協力」とすり寄り 「韓日新時代宣言」訴え過去の経緯“ご破算”画策か (3/3ページ)

 韓国側の日本からの消費財輸出が大きく落ち込んでいるのは、韓国自身が官製の不買運動をしているからだ。

 日本が報復的規制に出る可能性があることが、韓国の言う「冷え込み」なのだ。それは韓国の政権が日本資産売却という“悪事”を働かなければ、何ら恐れることではない。

 「韓日新時代宣言」とは、「新時代」の名の下に、国交条約・協定の存在をうやむやにして“過去の経緯ご破算”を達成する陰謀だ。

 K夢想は、「北朝鮮にしか関心がない外交王」(=文大統領のこと)の意向に沿って、東京五輪の場を借りた日米南北の4カ国首脳会談開催、南北統一チームの実現へと広がる。日本が主導する環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)にも加盟したいのだ。

 詐欺師やヤクザが強面をニコニコ顔に変えたら用心しなくてはならない。国のレベルでも同じだ。

 ■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。主な著書に『悪韓論』(新潮新書)、『反日種族の常識』(飛鳥新社)、『呆韓論』(産経新聞出版)、『韓国のデマ戦法』(同)など多数。

関連ニュース