記事詳細

Twitter、一時的に「リツイート」機能を仕様変更、引用RTを標準に 米大統領選のデマ拡散防止で

 米Twitterは10月9日(現地時間)、11月の米大統領選に向け、一時的にリツイート(RT)機能の仕様を変更すると発表した。ユーザーがツイートのRTボタンを押すと、まずは「引用RT」の画面を表示し、自身のコメントや意見を追加するように促す。

 コメントを追加しない通常のRTも引き続き行えるが、RTの手順を増やすことで米大統領選に関連したデマ拡散を防止する狙い。10月20日から仕様変更を行い、11月3日の大統領選後もしばらく継続する。仕様変更の対象地域は全世界。

 さらに大統領候補や政治家、10万人以上のフォロワーを持つ米国を拠点とするユーザーなど、影響力が強いユーザーの投稿の中で、「誤解を招く」という情報ラベルが付いたツイートをRTしようとすると、警告画面を表示。信頼できる情報を発信するサイトなどに誘導する。

 Twitter社は「(ツイートを)RTする理由を考え直し、より多くの考え方や視点による意見がもたらされることを願っている」としている。

 大統領選を巡っては、米Facebookや米Googleが投票日以降に関連広告の表示を一時的に停止するなど、デマ拡散や選挙結果に影響を与えるような行為の防止に向けて、慎重な対応が行われている。

ITmedia News

関連ニュース