記事詳細

中国でペットブームが加速 単身世帯が牽引、4兆円市場に (1/2ページ)

 中国では新型コロナウイルスの流行によるロックダウン(都市封鎖)中に、ペットブームが加速。インターネット上での犬と猫のライブ映像へのアクセス数が年初から3.75倍にも急増したのに加え、オンライン販売でのペット用品の売上高も約300%増加するなど、ペットブームが空前の広がりをみせている。

 外出自粛で人との交流が減るなかで、室内でペットのライブ動画を視聴したり、ペットと接したりするなどして、溜まったストレスを解消する傾向が強くなっているようだ。香港の英字紙『サウスチャイナ・モーニング・ポスト』が報じている。

 中国の電子商取引最大手「アリババ」傘下のオンライン販売「タオバオ」が運営する動画投稿サイトでは、新型コロナウイルスの感染が全国に急速に拡大した今年2月、ペットのライブストリーミングを毎日平均100万人以上が視聴するほど盛況だった。

 また、ペット用品のオンライン販売は昨年、過去最高の300億元(4800億円)に達していたが、今年の上半期ではペット関連商品が昨年同期比300%増と急拡大している。そのなかでも、ペット用の食料品配達注文数は同135%増で、平均価格は1回あたり125元(約2000円)だったという。

 中国政府傘下の中国国家統計局は、中国では2018年末時点で、全世帯の22%に当たる1億世帯がペットを飼っていたが、今年上半期では全体の30%に当たる1億6000万世帯に増えたとの暫定的な推定値を発表している。

NEWSポストセブン

関連ニュース